‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

サプリメントや青汁の効果

2014/11/22

 

 

健康維持のために、サプリメントや青汁を利用する人が多くいます。
毎日の、食事での栄養不足分をこちらで補うことができます。
その効果は、やはり野菜不足の解消には青汁の栄養バランスはいいです。
お馴染みのビタミン類だけでなく、葉酸やカルシウム、鉄分や食物繊維など普段の食事からはあまり摂取できないものが効率よく体内に摂れる利点があります。
これと、同じようにサプリメントも、そのものの効能によりますが、普段自分が苦手な成分を手軽に摂ることができます。
青汁の場合、一日の摂取量は購入時の箱などに記載がされています。
一般的には、一日に2杯分くらいとなります。
健康食品なので、この規定よりもたくさん飲んでも実害はあまりありません。
ただ、たくさん飲んだからと言っても、効果が倍増することはありません。
やはり、規定された範囲で、利用するのが一番効果が作用しやすくなります。
この事は、サプリメントでも同様になり、規定量を超えるとお腹がゆるくなるなどの症状が一時的になることがあります。
効果を、実感するためには決められた分量を、出来れば毎日時間を決めて服用することです。
また、あくまで健康食品なので病気などがある場合は、病院で治療を受けることが大事です。

目標値とは

2014/11/22

 

キウイは、マタタビ科マタタビ属の蔓性植物から収穫できる果実であります。この果実は収穫した直後は酸味が極めて強いために美味しいと言えるものではありませんが、追熟をさせることで糖度が増して濃厚な甘みが生まれます。極めて多くのビタミンCを含んでいるのが栄養的な特徴でありますから、1日の摂取量の目安としては1個も食べれば十分です。キウイを食べることで水溶性食物繊維のペクチンも摂取できることは、コレステロールや血糖値の上昇を抑制するためにも有効です。

ひじきについても、キウイと同様に有益なペクチンを含むものです。低カロリーでありながらも、カルシウムや鉄分などのミネラルも豊富で、食べれば生活習慣病の予防のためにも役立つものです。毎日のように食べる食材ではありませんが、1週間に1度くらいは食卓の献立で使うようにすれば健康的です。

ひじきを食べることによって、慢性的な野菜不足を解消することもできます。保存が効くのも大きな利点であり、1年を通して値段が安定している食材でもあります。油揚げと一緒に煮物にすれば、ひじきにはほとんど含まれないタンパク質を補うことができます。豆腐などの大豆食品との相性が特に素晴らしい素材です。

不溶性の食物繊維が多く含まれる食品

2014/11/22

不溶性食物繊維は、人間の腸の中に入ると水分を含んで膨張する働きをします。繊維が腸内で膨らむことで、整腸作用が働いて滞留している便を円滑に排出することができるのです。水溶性の食物繊維とは効能が違いますが、どちらもバランスよく摂取することが重要です。

ひじきやワカメには水溶性の食物繊維が実に多いのでありますが、大豆の皮の部分には不溶性食物繊維が特に多く含まれています。皮の部分は、豆腐を作るときに発生する副産物のおからとして利用できます。煮物などで一緒に調理することが多いひじきとおからを同時に食べれば、不溶性と水溶性の食物繊維を2種類とも摂取できるのです。呉汁にワカメを入れて食べても同様であり、調理法の工夫によって健康効果を増大することができます。

ひじきなどの海藻類からペクチンを摂取して血糖値やコレステロールの上昇を抑えて、豆乳の絞りかすとなるおからを食べて整腸作用を促進することは、生活習慣病を予防するためにも大いに役立つものであります。これらの食材の脂肪分はわずかで、タンパク質やミネラルも豊富です。肥満の症状がひどい場合や、便秘で困っているときには積極的に食べるようにして、胃腸の調子を整えることが有効です。

プレゼント02

 

水溶性の食物繊維が多く含まれる食品

2014/11/22

ダイエットからガン予防まで幅広い効能があるといわれる食物繊維は水溶性と不溶性のふたつに分けられ、それぞれ異なる特徴を持っています。

 

 

水溶性の食物繊維が多く含まれる食品は、豆類、野菜類、果物類、海草類などです。便秘や生活習慣病を予防し健康な毎日送るには、食物繊維の目標摂取量を1日20~25グラムにすることが望ましいとされています。食物繊維のとり過ぎによる健康障害は、普通の食生活をする限りほとんどありませんが、「不溶性:水溶性=2:1」の割合でバランスよく摂取することが大切です。そのバランスのとれた食物繊維を含む食品にキウイを挙げることができます。キウイ1 個を食べると2.5グラム もの食物繊維がとれ、常に身近にあり調理の手間もないので手軽に摂取することができるのが魅力です。他にも食物繊維をたくさん含む食材として注目されているのがきくらげで、乾燥タイプの黒きくらげは100グラムあたり74.2 グラムとダントツの含有量となっています。

 

食物繊維以外にも、ビタミンDやビタミンB1、鉄分なども豊富に含まれているため、アンチエイジングに効くと期待が高まっており、毎日の食生活に積極的に取り入れたい食品といえます。

1日あたりの摂取量目安

2014/11/22

テクノロジー09

 

1日の食事による摂取量の目安は、男女別で大きく異なります。また年代や生活環境の違いでも目安は増減するため、自分のおかれている状況を省みてから目標設定をするとダイエットや健康管理に役立てることが可能です。
一般的な成人の場合、1800kcalから2200kcal前後を目安にすればよいといわれています。
これを念頭に置き、年代や性別、生活状況によってカロリーコントロールをすると良いでしょう。
また、「身長×身長×22」という計算式で自分の標準体重を割り出し、そこから体重に25~30をかけて1日に必要な摂取量を割り出すという方法もあります。
これを普段の食生活に活用すれば、無理なく運動しなくても体型をキープすることが可能です。またダイエットをしたい人は摂取量よりも体を動かして消費量を多くすれば自然と身体の脂肪が減って目標体重に減量することが可能になるため、万が一食べ過ぎてしまって後悔している人はそれ以上に動いて脂肪を燃焼させると効果的です。一日単位でカロリーコントロールをすると難しいため、一週間単位でカロリーコントロールをすると無理なくダイエットをすることが出来るでしょう。体に負担をかけずに行えるためおすすめのダイエット法です。

不溶性の特徴

2014/11/22

テクノロジー07

 

不溶性食物繊維は水に溶けにくい食物繊維で、腸内の有害物質を体外へと排出させる働きを持ち、胃や腸で水分を吸収して大きくふくらみ腸の動きを活発にするので便秘を予防します。便秘になって腸の代謝が悪くなると全身の代謝も悪くなり、脂肪や水分などの老廃物が排出されにくくなってしまいます。腸というのは脳からの指令を受けずに独立して動きながら、身体全体の健康をコントロールしており、人の体の中で最も複雑で大切な組織であるということが近年、わかってきました。腸に便が長時間溜まると腸内環境が悪くなり、悪玉菌と呼ばれる細菌が増え有毒ガスが発生します。有毒ガスが腸壁から血液の流れと一緒に全身をめぐると、お腹が出て太りやすくなり、頭痛、肩こり、肌荒れ、さらには、ガンなどの病気の原因にもなることがあるので注意が必要です。不溶性食物繊維を含む食品は、野菜類、豆類、きのこ類、イモ類などで、よく噛まなければ食べられないものが多いため、食べ過ぎを防ぐ効果もあります。野菜は生で食べられるものよりも、火を通して食べる葉物野菜や緑黄色野菜、根菜類に多く食物繊維が含まれています。毎日の食生活に食物繊維を積極的に取り入れ、腸内細菌を上手にコントロールしバランスを整えることが美容と健康につながります。

 

水溶性の特徴

2014/11/22

テクノロジー06

 

水溶性の食物繊維は、多糖類の一つとして分類されます。果物や野菜に多く含まれ、ジャムのとろみにもなるペクチンは有名です。蒟蒻に含まれるグルコマンナンも、健康に良いことで注目されています。海藻類に含まれるフコイダンも最近では人気を集めています。不溶性食物繊維とは違った効能があり、摂取することを心がければ健康増進のためになります。

水溶性食物繊維は、食物の糖分を腸へと運ぶ時間を遅らせる働きをします。この作用を利用して、食事の最初には野菜をたっぷりと食べて、後から肉類や御飯類を食べていけば食後に血糖値が上がりすぎになることを防げます。血糖値の上昇を抑えるためにも役立ちますが、肥満の予防にも効果があります。コレステロールの吸収までも抑えてくれるため、太り過ぎが気になる人は野菜を最初に食べてから糖質を摂取するようにすると効果的です。

水溶性食物繊維は、生活習慣病を予防するために役立つものです。意識的に食事から摂取するようにして、不足がないようにすれば健康を維持することが容易となります。野菜や果物を欠かさずに毎日食べるようにすれば、不足する可能性が低くなります。どうしても不足するときには、サプリメントを利用することも有効です。

 

摂取時の注意点について

2014/11/22

テクノロジー02

 

 

人の体は基本的に毎日食べる食事とその時に摂取する水分で出来ているといっても過言ではありません。

 
毎日きちんとバランス良く食事をしていれば先ず問題ないのですが、偏った食事を行っているとビタミンやミネラルの欠乏症や逆に特定のビタミンの過剰摂取により身体の機能障害を起こすという注意点が有ります。
更に水分の過剰摂取も問題があり、普通の水でも摂取しすぎると問題が起こる事がありますが、ナトリウムや糖質を多く含む清涼飲料水の取り過ぎは身体のバランスを崩す可能性があります。
又年齢によって摂取すべき栄養素も変わってきますので、どんな食事をするかは重要になってきます。
若い時は食欲もあるので、偏った食事は栄養の過剰摂取の危険性があります。
若い時は身体の代謝がいいので表面的には身体の不調は現れにくいですが、後々若い時の身体への負担が病気につながる事も有ります。
逆に高齢者になると食事も小食になり水分をとる事も少なくなるので、ビタミンやミネラルの欠乏症になる事が有ります。
高齢者に無理に食事の量を増やすのは難しいので、食事の質を上げて必要な栄養素を身体にとりこむ努力が必要になります。
食事をする時の注意点としては、年齢や体調に合わせてバランスよく食べる事が肝要です。

働きについて

2014/10/22

テクノロジー01

 

 

慢性的な便秘の症状を解消するためには、根菜類などを食べて不溶性の食物繊維を摂取することが欠かせません。不溶性の食物繊維は、野菜の皮の部分に特に多く含まれるものですが、料理の過程で捨ててしまうことも多い部分です。おからは、豆乳を搾ったあとに残るもので、大豆の皮の不溶性食物繊維が多い食材です。

不溶性の食物繊維を取り入れることで、腸内で水分を吸って膨らんで便の排出を促します。便を腸内に滞留させないで排出することで、デトックス効果を得ることができます。腸内にたまった毒素を排出すれば、病気に強い体質になります。デットクス効果を促進することは、体の若返りのためにも非常に役立ちます。

不溶性の食物繊維があれば、水溶性の食物繊維もあります。野菜や果物に多いペクチンや、蒟蒻に含まれるグルコマンナンが有名です。水溶性食物繊維を含む野菜や果物を食事の最初で食べると、糖質が腸へ届くのを遅らせる働きをします。野菜を食べてから主食の御飯やパンを食べれば、多糖類にも分類される水溶性食物繊維の働きで食後の血糖値の急上昇を抑制できます。さらに、コレステロールの吸収も抑える効果があるため、肥満を予防するためにも水溶性食物繊維を摂取することが有効です。