働きについて

テクノロジー01

 

 

慢性的な便秘の症状を解消するためには、根菜類などを食べて不溶性の食物繊維を摂取することが欠かせません。不溶性の食物繊維は、野菜の皮の部分に特に多く含まれるものですが、料理の過程で捨ててしまうことも多い部分です。おからは、豆乳を搾ったあとに残るもので、大豆の皮の不溶性食物繊維が多い食材です。

不溶性の食物繊維を取り入れることで、腸内で水分を吸って膨らんで便の排出を促します。便を腸内に滞留させないで排出することで、デトックス効果を得ることができます。腸内にたまった毒素を排出すれば、病気に強い体質になります。デットクス効果を促進することは、体の若返りのためにも非常に役立ちます。

不溶性の食物繊維があれば、水溶性の食物繊維もあります。野菜や果物に多いペクチンや、蒟蒻に含まれるグルコマンナンが有名です。水溶性食物繊維を含む野菜や果物を食事の最初で食べると、糖質が腸へ届くのを遅らせる働きをします。野菜を食べてから主食の御飯やパンを食べれば、多糖類にも分類される水溶性食物繊維の働きで食後の血糖値の急上昇を抑制できます。さらに、コレステロールの吸収も抑える効果があるため、肥満を予防するためにも水溶性食物繊維を摂取することが有効です。

コメントは受け付けていません。