水溶性の食物繊維が多く含まれる食品

ダイエットからガン予防まで幅広い効能があるといわれる食物繊維は水溶性と不溶性のふたつに分けられ、それぞれ異なる特徴を持っています。

 

 

水溶性の食物繊維が多く含まれる食品は、豆類、野菜類、果物類、海草類などです。便秘や生活習慣病を予防し健康な毎日送るには、食物繊維の目標摂取量を1日20~25グラムにすることが望ましいとされています。食物繊維のとり過ぎによる健康障害は、普通の食生活をする限りほとんどありませんが、「不溶性:水溶性=2:1」の割合でバランスよく摂取することが大切です。そのバランスのとれた食物繊維を含む食品にキウイを挙げることができます。キウイ1 個を食べると2.5グラム もの食物繊維がとれ、常に身近にあり調理の手間もないので手軽に摂取することができるのが魅力です。他にも食物繊維をたくさん含む食材として注目されているのがきくらげで、乾燥タイプの黒きくらげは100グラムあたり74.2 グラムとダントツの含有量となっています。

 

食物繊維以外にも、ビタミンDやビタミンB1、鉄分なども豊富に含まれているため、アンチエイジングに効くと期待が高まっており、毎日の食生活に積極的に取り入れたい食品といえます。

コメントは受け付けていません。