水溶性の特徴

テクノロジー06

 

水溶性の食物繊維は、多糖類の一つとして分類されます。果物や野菜に多く含まれ、ジャムのとろみにもなるペクチンは有名です。蒟蒻に含まれるグルコマンナンも、健康に良いことで注目されています。海藻類に含まれるフコイダンも最近では人気を集めています。不溶性食物繊維とは違った効能があり、摂取することを心がければ健康増進のためになります。

水溶性食物繊維は、食物の糖分を腸へと運ぶ時間を遅らせる働きをします。この作用を利用して、食事の最初には野菜をたっぷりと食べて、後から肉類や御飯類を食べていけば食後に血糖値が上がりすぎになることを防げます。血糖値の上昇を抑えるためにも役立ちますが、肥満の予防にも効果があります。コレステロールの吸収までも抑えてくれるため、太り過ぎが気になる人は野菜を最初に食べてから糖質を摂取するようにすると効果的です。

水溶性食物繊維は、生活習慣病を予防するために役立つものです。意識的に食事から摂取するようにして、不足がないようにすれば健康を維持することが容易となります。野菜や果物を欠かさずに毎日食べるようにすれば、不足する可能性が低くなります。どうしても不足するときには、サプリメントを利用することも有効です。

 

コメントは受け付けていません。